歯並びの悩みについて

咬み合わせとは

咬み合わせとは 咬み合わせは『咬合』(こうごう)ともいわれ、上下の歯が接触することで、いろいろな様式があります。
咬み合わせが正しい場合は問題ありませんが、歯並びが悪く、上下の歯列がきちんと噛み合わない不正咬合の状態だと、むし歯、歯周病、顎関節症、開口障害、嚥下障害の発生なの症状を引き起こすことがあるため、正しい噛み合わせが求められます。

正常咬合とは

正常咬合とは

正常咬合とは、上下の歯がきれいなU字のアーチ型に並んでおり、上下がしっかりと咬み合っている状態をいいます。

主なポイントは以下の4つです。

  • 上下の前歯の中心がまっすぐ揃っている。
  • 上下の横の歯がそれぞれ「山」と「谷」とでかみ合っていること。
  • 上の歯が下の歯に2~3ミリ重なっている。
  • 上の歯が下の歯より2~3ミリ前に出ている。

不正咬合の種類

叢生(そうせい)

叢生(そうせい) 顎が小さいため歯が生える場所が足りず、個々の歯が出っ張ったり引っ込んだりして重なっている状態です。顎と歯との大きさのバランスがとれていない場合に多く見られます。
とくに犬歯(前から3番目の歯)が出っ張った状態を『八重歯』といい、目立ってしまいます。
また、重なっているところはブラッシングしにくいため、虫歯や歯周病になるリスクが増加します。

叢生の症例を見る

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ) 上の前歯が大きく前に傾斜していたり、歯全体が前に出ている状態の咬み合せで、『出っ歯』ともいわれます。
食べ物を前歯で噛み切ることができなかったり、発音がうまくできなかったりすることがあります。
また、上の前歯に押されて唇が前に出ている場合もあります。
歯の位置や傾きの異常、上顎骨または下顎骨の位置異常や大きさの不調和によって起こっていると考えられます。

上顎前突の症例を見る

下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突(かがくぜんとつ) 下の歯が上の歯より前に出ている状態の咬み合せで、『反対咬合』や『受け口』、『しゃくれ口』ともいわれます。
食べ物を前歯で噛み切ることができなかったり、発音がうまくできなかったりすることがあり、場合によっては外科手術を併用した矯正治療を行なう必要があります。
噛み癖、歯の位置や傾きの異常、上顎骨または下顎骨の位置異常や大きさの不調和によって起こっていると考えられます。
小児期や成長期に下顎前突が認められる場合、顎骨の正常な成長を阻害し、その状態がより悪化する可能性があります。

下顎前突の症例を見る

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ) 上下の歯列が前方に位置している状態の咬み合せで、上下の前歯に押されて口元が突出している場合があります。
口をうまく閉じることが難しく、閉じたときに頤(おとがい=顎先)の筋肉が緊張し、梅干のようなスジができやすいです。

上下顎前突の症例を見る

開咬(かいこう)

開咬(かいこう) 上下の歯を奥歯で咬み合せたとき、前歯や横の歯の間に隙間が空き、咬むことができない状態の咬み合わせです。前歯で食べ物を噛み切ることができないだけではなく、正しい発音もできません。指しゃぶりや舌癖などの悪習癖、鼻疾患による口呼吸などが原因で生じることがあります。
通常、歯は口腔周囲の環境が調和しているところ、つまり、歯列の外側にある口唇や頬筋と内側にある舌の力のバランスが調和しているところに並びます。
開咬が口腔周囲の悪習癖をつくり出し、その悪習癖が開咬の状態をつくり出すという悪循環を繰り返します。

開咬の症例を見る

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう) 上下の歯の重なりが深く、下の前歯が見えないほど深く咬み込んでいる状態です。
下の前歯が上顎の粘膜を傷つけてしまう場合があります。

過蓋咬合の症例を見る

不正咬合が全身に及ぼす影響

このような悩みを解決し、歯並びをきれいにするのが『矯正歯科』です。
矯正治療を希望される方の多くは、見た目の悪さを改善するという目的をお持ちです。確かにそれはとても大切ですが、歯並びの悪さは見た目だけではなく全身の健康にも影響及ぼすため、それを守るためにも矯正治療は重要といえます。

不正咬合は、以下のように全身に影響します。

  • 咬むときの力が偏り、顎の関節の負担になる。
    また、顎の骨が少しずつずれて首や肩の筋肉疲労を招き、頭痛、肩こり、腰痛などの原因になる。
  • きちんと咀しゃくできず、消化器官の負担になる。
  • 歯の隙間からの空気のもれや、舌の動きの制限など、発音しにくい状態になる
  • 上顎前突や下顎前突などの症状があると上下の顎がずれ、顔貌が変化する
  • 乱れた歯並びが原因できちんと歯磨きできず、虫歯や歯周病の原因になる
  • 歯並びを気にして満足なコミュニケーションができず、精神的な負担になる

なお、これらの症状は、矯正治療を受けることにより改善できるので、治療をお考えの方はぜひご相談ください。

診療案内

  • マウスピース矯正
  • 痛みの少ない矯正
  • 装置が見えない矯正
  • お子様の矯正
  • 治療期間の短い矯正
  • ホワイトニング
  • どのような歯並びでお悩みですか?
  • 完全予約制
  • お問い合わせ
  • 患者様の声