マウスピース型矯正装置
による治療

マウスピース型矯正装置による
治療とは

マウスピース型矯正装置による治療とは

「マウスピース型矯正装置による治療」は、通常の矯正治療のようにブラケットやワイヤーを使用せず、透明なマウスピース型の矯正装置を装着して歯を移動させる治療方法です。ブラケットやワイヤーを使用する方法だと、どうしても装置が目立ってしまい、審美性に劣ってしまいますが、マウスピース型矯正装置は透明なのでほとんど目立たず、審美性に優れています。お口の中の違和感や痛みもほとんどありません。マウスピース型矯正装置にはいくつか種類がありますが、当院ではアライン・テクノロジー社が開発したマウスピース型矯正装置を扱っています。

アライン・
テクノロジー社製の
マウスピース型
矯正装置

アライン・テクノロジー社製のマウスピース型矯正装置

矯正治療を受けたいと思っている方のなかには、「装置が目立って嫌だ」となかなか治療に踏み切れない方がいらっしゃいます。そのような方におすすめなのが、薄く透明なマウスピース型の目立たない装置です。当院で取り扱っているマウスピース型矯正装置は、1997年にアメリカで開発された装置で、現在、アメリカやカナダの矯正歯科医の約70%がこの装置を用いて治療を行なっています。現在では世界中の歯科医療機関で採用されており、全世界での装置使用者は520万人以上で、さらに増加しています。(2018年1月現在)

マウスピース型矯正装置解説

マウスピース型矯正装置症例(叢生開咬)

マウスピース型矯正装置の透明感

歯のガタガタ・前歯の隙間の矯正

アライン・テクノロジー社製の
マウスピース型矯正装置のメリット

  • 透明なので、装着していても目立たない。
  • 取り外し可能なので、通常通り食事でき、装置に食べ物が引っかかる煩わしさがない。
  • 取り外して簡単に洗浄できるので、お口の中を衛生的に保つことができる。
  • ワイヤーやブラケットを使用しないので、お口の中の違和感や不快感がほとんどない。
  • 粘膜への刺激がなく口内炎などができにくい。
  • 金属を使用していないので、金属アレルギーの方でも安心して装着できる。

アライン・テクノロジー社製の
マウスピース型矯正装置の注意点

  • 症状によっては、マウスピース型矯正装置のみでの治療ができないことがある。
    (その場合、マウスピース型矯正装置の装着の前後に通常の装置での治療が必要となる。)
  • 取り外し可能なので、患者様の協力度(装着時間の長短)により治療結果が左右される。
  • 基本的に第2大臼歯(前歯から数えて7番目の歯)が生えてないと治療できない。

マウスピース型
矯正装置による
矯正治療の流れ

カウンセリング

患者様のお口の中を拝見し、歯並びの悩みをお聞きします。その後、現状、矯正治療の必要性の有無、治療方法、治療期間、治療費などについてご説明します。治療に関する疑問や不安などがありましたら、遠慮なくお話ください。

カウンセリング

精密検査・診断結果説明

口腔内検査、レントゲン写真撮影、口腔内・顔面写真撮影、歯型採取などの精密検査を行ないます。検査時間は約30~40分です。後日、精密検査の診断結果をご説明し、治療のための契約書類の作成を行ないます。

精密検査・診断結果説明

マウスピース型矯正装置の印象

契約後、マウスピース型矯正装置(アライナー)の作製のために歯型や噛み合わせを採り、装置を作製するアメリカのアライン・テクノロジー社へすべての資料を送ります。

治療のシミュレーション

アライン・テクノロジー社において、送られてきた歯型を元に、患者様の歯の3次元セットアップモデルをコンピューター上に再現します。さらに、矯正歯科医が作成した治療計画書に基づき、アライン・テクノロジー社内の矯正歯科医などで構成されるチームにより治療のシミュレーションデータが作成されます。治療のシミュレーションデータは、コンピューター画面上にて、歯の治療前の現状、移動の途中の状態、治療完了後の状態を3次元的にシミュレーションしたものです。治療のシミュレーションデータを元にしてアライン・テクノロジー社と矯正歯科医の双方向でやり取りを行ない、修正などを経て、よりよい治療方針を計画します。

治療のシミュレーション

アライナー作製・発送

治療のシミュレーションデータの内容を忠実かつ適確に具現化し、各段階に対応したマウスピース型矯正装置(アライナー)の光造形モデルが作製されます。光造形モデルに従って、治療開始前から治療完了に至るまでの移動が連続的に組み込まれた一連の透明なアライナーが作製され、矯正歯科医のもとに届きます。

アライナー装着・治療開始

患者様はアライナーを1日20時間以上装着します。2週間ごとに新しいものに交換し、段階を経るごとに歯を少しずつ最終目標に向けて移動させます。1ヵ月半から3ヵ月おきに定期的に来院していただき、進行状況の確認と口腔内のクリーニングをしていきます。治療途中で、予想通りの動きが認められない場合は、補助矯正などの装置で改善することもあります。

補助矯正

マウスピース型矯正装置において、歯の位置がねじれている、歯を少し引き出す、歯を平行に移動させるなど、予測実現性の低い歯の動きに対しては十分な移動ができない場合があります。そのため、従来の装置であるワイヤーやブラケット、顎間ゴム、固定装置などの補助矯正装置を、マウスピース型矯正装置による治療の前後や治療途中に3ヵ月~1年ほど使用する場合があります。マウスピース型矯正装置と補助矯正装置を併用することにより、予測実現性が高くなり、難しい症例でもより適切な治療を行なうことができます。また、マウスピース型矯正装置のみの治療より治療期間を短縮できるメリットもあります。
以上のように、マウスピース型矯正装置は1回の型採りで段階ごとの複数個のアライナーを一度に作製できるというのが大きな特長です。なお、食事や歯磨きの際は取り外せますが、1日20時間程度装着しないと効果が出にくくなってしまうので、外している時間が短時間になるように心がけましょう。

マウスピース型
矯正装置による
治療中のホワイトニング

マウスピース型矯正装置を使用中の場合はご家庭でできるホームホワイトニングを行なうことができます。