痛みの少ない矯正

セルフライゲーション
ブラケットとは

セルフライゲーションブラケットとは

矯正治療の一般的な装置は、金属製のブラケットとワイヤーを装着する方法です。この方法はほとんどの症例に対応できるというメリットがありますが、歯の移動にともないブラケットとワイヤーの間で摩擦抵抗が起き、それによって痛みを感じるというデメリットがあります。そこで開発されたのが、痛みが少なく早く動かせる装置、「セルフライゲーションブラケット」です。当院では、審美性に優れた「透明セルフライゲーションブラケット」を扱っています。

セルフライゲーション
ブラケットのメリット

メリット①

「ローフォース・ローフリクション」で
痛みを軽減し移動速度を速める

「ローフォース・ローフリクション」で痛みを軽減し移動速度を速める

セルフライゲーションブラケットの仕組みは「Low-force, Low-friction」(ローフォース・ローフリクション)といわれ、従来の装置とは異なる画期的な方法で歯の移動を可能にしています。 「ローフォース・ローフリクション」とは、「少ない力・少ない摩擦」という意味です。従来の矯正装置では、歯に固定したブラケットを強く引っ張ることで歯を移動させていましたが、その常識を覆して、痛みを軽減し、歯の移動を速めることに成功したのです。

メリット②

簡単な設計なので
装着の時間が短縮できる

簡単な設計なので装着の時間が短縮できる

セルフライゲーションブラケットは、従来の装置同様、歯にブラケットを一つずつ装着し、そこにワイヤーを通すという仕組みなのですが、留め方や力のかかり具合が従来の装置とは大きく異なります。具体的には、従来の矯正装置には不可欠だったワイヤーと歯を固定する結紮(けっさつ)リングやゴムを使用しません(結紮は、主に医療用語で「結ぶ」「縛る」という意味です)。セルフライゲーションブラケットでは、ブラケットに開閉式のシャッターが付いており、そのシャッターを専用器具で開き、そこにワイヤーを入れてシャッターを閉じることでブラケットにワイヤーを固定します。セルフライゲーションブラケットは、このような簡単な設計でゴムの結紮が必要ないので、作業中の痛みはほとんどなく、一つのブラケットにかかる時間も従来の装置に比べて10分の1程度に短縮されます。

メリット③

抜歯の可能性が減少する

抜歯の可能性が減少する

抜歯を行なわない場合、歯をきれいに並べるために歯槽骨全体を横方向に拡大する必要がありますが、従来の装置では歯そのものが斜めに傾いて広がってしまう傾向がありました。しかしセルフライゲーションブラケットでは、歯を傾けることなく歯槽骨部分を横方向に拡大できるので、抜歯を必要とする可能性が少なくなります。

メリット④

歯周組織の弱い方にも適応可能

歯周組織の弱い方にも適応可能

セルフライゲーションブラケットは、歯、歯肉、歯槽骨などの歯周組織にかかる力が弱いので、歯周病や顎関節症などの方も使用できます。ただし、適応できるかどうかは症状の程度によるので、事前の診断が必要であり、すべての方に適用できるとは限りません。

歯の移動を速められる理由

歯の移動を速められる理由

ブラケットとワイヤーを使用する矯正治療では、ワイヤーで歯を移動させる力を加えます。セルフライゲーションブラケットでは、そのワイヤーを強く固定するのではなく、多少余裕がある状態で装着させます。従来の装置では、強い力でぐいぐい引っ張るという考え方が主流でしたが、その方法だと歯周組織に負荷がかかるという問題がありました。しかし後に、弱い力を加える方が、歯を移動させるために必要な歯槽骨の吸収と再生が適切な速さで行なわれることが発見されたのです。その結果、速く歯が移動するということが判明しました。

審美性にも優れた
「透明セルフライゲーションブラケット」

審美性にも優れた「透明セルフライゲーションブラケット」

透明なセルフライゲーションブラケットを使用することで、見た目もよく、痛みの少ない矯正治療を行なうことができます。一般的なセルフライゲーションブラケットは、ワイヤーをはさみ込むシャッター部分が金属製ですが、「透明セルフライゲーションブラケット」は、シャッター部分も含めて歯の色に近い透明なセラミックでできています。そのため、優れた審美性を保ちつつ従来のセルフライゲーションブラケットと同じ「ローフォース・ローフリクション」の性能を発揮します。