当院の矯正

当院の矯正当院の矯正

当院の
矯正治療の特徴

矯正治療中のポイントは
虫歯・歯周病予防対策

矯正治療中は歯に矯正装置をつけるため、そこに食べかすが付着しやすくなります。しかも歯が磨きにくい状態にあるので、磨き残しがでてしまい、そこから虫歯や歯周病になってしまう危険性があります。矯正治療中に虫歯や歯周病になってしまった場合、そのまま矯正治療を続けることはできません。一時的に中断し、まず虫歯や歯周病の治療を行なってから、矯正治療を再開します。症状によっては装置を外して治療を行なうことになります。いずれにせよ、それだけ余計な時間がかかり、矯正治療完了までさらに長引いてしまいます。このようにならないためには、装置をつけてないときよりも丁寧で確実な歯磨きを行なう必要があります。当院では、矯正治療中の歯磨き指導も行なっているので、そこで正しい方法を習得しましょう。また、ご自分の磨き方に不安をお持ちの方も、お声がけいただければ磨き方をチェックし、指導させていただきます。

矯正歯科の流れ

虫歯治療から
矯正治療完了まで

虫歯治療から矯正治療完了まで

当院では、虫歯や歯周病などの一般歯科治療と矯正歯科治療を重点的に行なっています。矯正治療を行なうときは最初に患者様のお口の中を拝見しますが、そこで虫歯や歯周病が見つかった場合、まずはその治療を行ないます。矯正治療を専門に行なっている歯科医院の場合、他院を紹介し、患者様は紹介された他院で虫歯や歯周病の治療を受ける、ということがあります。しかし当院では一般歯科治療も行なっているので、わざわざ他院に通院していただく必要がありません。矯正治療中に虫歯や歯周病にならないようにすることはとても大切ですが、矯正治療の妨げにならないよう、当院では徹底してそれらの予防指導やケアに努めています。もちろん、治療後も同様です。矯正治療を始める前から治療完了後のメンテナンスに至るまで、責任を持って当院でケアささていただくのが当院の特徴です。また、カウンセリングや診断を丁寧に行ない、治療内容や治療期間、治療費などをわかりやすく具体的にお伝えすることで、患者様に安心・安全な治療をご提供しています。

治療の流れ

矯正治療中は歯に矯正装置をつけるため、そこに食べかすが付着しやすくなります。しかも歯が磨きにくい状態にあるので、磨き残しがでてしまい、そこから虫歯や歯周病になってしまう危険性があります。矯正治療中に虫歯や歯周病になってしまった場合、そのまま矯正治療を続けることはできません。一時的に中断し、まず虫歯や歯周病の治療を行なってから、矯正治療を再開します。症状によっては装置を外して治療を行なうことになります。いずれにせよ、それだけ余計な時間がかかり、矯正治療完了までさらに長引いてしまいます。このようにならないためには、装置をつけてないときよりも丁寧で確実な歯磨きを行なう必要があります。当院では、矯正治療中の歯磨き指導も行なっているので、そこで正しい方法を習得しましょう。また、ご自分の磨き方に不安をお持ちの方も、お声がけいただければ磨き方をチェックし、指導させていただきます。

一般的な矯正治療の流れ

相談・カウンセリング

患者様のお口の中を拝見し、歯並びの悩みをお聞きします。その後、現状、矯正治療の必要性の有無、治療方法、治療期間、治療費などについてご説明します。治療に関する疑問や不安などがありましたら、遠慮なくお話ください。

相談・カウンセリング

精密検査・調査

歯型採取、口腔内・顔面写真撮影、パノラマレントゲン写真撮影など、診断・治療計画立案のために必要な検査を行ないます。

精密検査・調査

矯正治療計画の説明

検査結果をもとに、治療計画の詳細を詳しくご説明します。治療法や装置のメリット・デメリット、治療期間、費用の違いなどについて確認して、ご自分で納得できる治療法を選択しましょう。

矯正治療計画の説明

矯正治療開始
〜ブラッシング指導・口腔内清掃〜

矯正治療計画に納得し契約が終了したら、矯正治療を開始します。装置を装着した後は、虫歯や歯周病を予防するためブラッシング指導や口腔内清掃が行われます。

矯正治療開始〜ブラッシング指導・口腔内清掃〜

矯正装置装着、通院

治療法や段階によって通院頻度は異なりますが、通常は4~6週間に1回の割合で通院します。治療が計画通りに進行するよう、きちんとスケジュールを確認しましょう。

矯正装置装着、通院

保定装置装着・経過観察

装置を外した後の歯は、骨や歯周組織が安定する前に放置すると少しずつ動いて元に戻ってしまうので、それらが安定するまでリテーナー(保定装置)を装着します。治療後は2~6ヵ月に1回程度通院していただき、少しずつ間隔をあけて経過を観察します。

保定装置装着・経過観察

以上が矯正治療の一般的な流れになりますが、症状や治療法、
歯科医院などによって多少変わりますので、あくまで参考として確認ください。